スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.欲に溺れた男の話

おはようございます。

黒原です。

前回、

私たちは、昔からお酒に対しては

『ほどほどに飲めば、いいことが多い』

という考えを持っているというお話をしました。

この考えから、

『ちょっとだけなら大丈夫だよね!?』

『今日一日くらいなら大丈夫だよね!?』

と言った、気分を引き起こし

一日飲めば、また次の日も
『ちょっとだけなら』『今日一日くらいなら』
という考えになります。

結果的に、

『禁酒』だの『断酒』だのと言った
固い約束を打ち破ってしまう
恐ろしい凶器となってしまうのです。

だから、私たちは

『ほどほどに飲めば、いいことが多い』

という考え方を改めていく必要があるのです。

以前、お話しました通り
『ほどほどに飲んでも、いいことは一つもない』
のがお酒です。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://outil01a01.blog100.fc2.com/blog-entry-5.html

それで、なぜこんなことが
言えるのかというと

それは『私自身』が
10年以上もの間に経験しているからです。

私の飲酒歴は、学生時代からで
毎日飲酒をしている状態を
10年以上もの期間続けていました。

学生のころは

・お金がない状態になったり

・試験中のときだったり

・ある程度健康を気にして

という時に、禁酒宣言をして
禁酒にチャレンジしていました。

ただ、このときは
禁酒に対する知識もなく、

『ほどほどに飲めば、いいことが多い』
という考えもあったため

私の中では『禁酒の意識』が
全くないような状態でした。

だからどういうことが
起きるかと言いますと

・のどが乾いたら、お酒が飲みたくなる

・テレビのCMを見たら、お酒が飲みたくなる

・おつまみとして出されるような
 食べ物を食べるとお酒が飲みたくなる。

・コンビニのお酒のコーナーに目が行って
 立ち止まってしまう。

・近所の居酒屋からいい匂いがして
 飲みたい気分が膨れ上がる

という、

お酒を飲みたいというストレスが
四方から降りかかる状態で
禁酒をすることになり

結果的に
一週間持つか持たないかの状態で
禁酒を失敗する…

ということを何度も繰り返してきました。

そして、禁酒に失敗した理由を考えると

・お酒でストレス解消につながるから
 ストレスが溜まりすぎたんだ。

・のどが渇いたから、お酒を飲む必要があるんだ。

・お酒が好きだから、しょうがない。

・お酒と一緒に食べる食べ物がおいしい。
 だからお酒が必要だ。

・お酒は大人の飲むものだから
 飲んでも別にかまわないんだ。

・お酒の味が好きだから
 取り上げられると苦痛でしょうがない。

・お酒を飲むことは、習慣だから
 習慣を変えることは難しいんだ。

・お酒でコミュニケーションが良くなるから
 ちょっとくらいみんなと飲む分には構わない。

という、『お酒を飲む理由を正当化する』
ことを行っていました。

要は

『甘かった』

ということに尽きると思います。

禁酒することに対して

『いつでも禁酒なんて簡単にできる』

と考え、知識も方法論も取り入れることなく

ただ『精神論』だけで
乗り切ろうとしていたため

毎回のように失敗しては
自分の傷をなめるように
お酒を飲む理由を考えていました。

飲酒習慣は、その後の
会社員時代になっても改善せず

毎日ビールやチュウハイを
飲み続けていました。

特に仕事が忙しかった時は
逃げるようにお酒を飲み続け

そして

仕事でストレスを受けては
酒でストレスを解消しようと考え

仕事の時間とお酒の時間で
一日が終わるという生活を続けました。

もうここまで来ると
アルコール依存症と
全く変わらない状態です。

そして

この飲酒習慣を続けることにより
健康面でかなり深刻な状態に
なってしまいました。

:
:
:

長くなったので、
本日はここまでにしたいと思います。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

簡単禁酒の【無料ビデオ】     ↓↓下記に登録↓↓
 E-Mail ※
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。