スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16.大好きなお酒の味

こんばんわ。

黒原です。

前回に引き続き
お酒を飲む理由を潰していく
シリーズ第3弾です。

『ストレスをかけない禁酒方法』を
成功させるエクササイズ

----

1.紙を用意する。

2.お酒を飲むとおいしく感じる
 【瞬間】を書く。

3.お酒を飲む理由を書く。

----

最近登録して内容がわからなかったり、
内容を忘れてしまったりした方は

以下のブログより
過去の記事をご覧ください。
http://outil01a01.blog100.fc2.com/blog-entry-13.html

今回も、あなたの書いてもらった
『3.お酒を飲む理由を書く。』

を今回も詳しく見ていきます。

今回は、
『お酒の味が好き』です。

お酒にはいろいろ種類があります。

・日本酒

・焼酎

・ワイン

・ビール

・チューハイ

・ウイスキー

・ブランデー

・ジン

・ウォッカ

・テキーラ

多種多様の種類があり、
"味"も"におい"も
全く異なると思います。

そこであなたに質問をします。

『あなたが好きなお酒はどんな味がしますか?』

     :
     :
     :

正確に答えられたでしょうか?

多分大半の人は、
どんな味かを良く分からずに
飲み続けていると思います。

『この銘柄のビールはこういう味だ
 そしてこの銘柄のビールはこういう味だ』

と言えれば、大したものですが、

お酒の席では、何のビールが出ても
『ビール』というひとくくりで
飲んでいると思います。

また、ワインも、ソムリエなどの方が
味やにおいをいろいろな美辞麗句を使って
褒め称えますが

正直、私たちはワインのどれが
どういう味で、そして『おいしい』と
心から言えるのか

実際のところ良く分かりません。

みんながおいしいと言っているから
とりあえず飲んでみたり、

のどごしが良いとか
味があまりにもまずくなければ
深く考えずに飲むと思います。

日本酒や焼酎の飲み比べ
というメニューがあって

それを試しに注文して飲んだとしても、

どのお酒がどんな味かを
具体的には記憶していません。

そうなんです。

私たちはお酒を飲むときは
お酒の味をかみしめて
楽しんでいるのではありません。

私たちがお酒を飲むときは

『自分が飲める味の
 大まかな種類の酒を
 ただ漠然とのどに流し込んでいるだけ』

なのです。

まず、お酒を飲むと
あなたの“舌”はマヒしてしまい

次にのどを通すお酒の味は
何となくの味しかしません。

これは、お酒の席では
良く経験すると思いますが

『こってりした味のおつまみがほしい』

という感覚があると思います。

理由は、こってりした味のものしか
味を確認できないからなのです。

酒も同じです。

おいしい、まずいが
良く分からない状態になっても

おいしいおいしいと言って
飲み続けてしまいます。

それに、のどが渇く飲み物だと
お話しました。

具体的な内容は
こちらのブログを参照ください。
http://outil01a01.blog100.fc2.com/blog-entry-19.html

のどがいつまでたっても渇いた状態なので
お酒を飲むと、どうしても
おいしく『感じてしまう』ように
なってしまいます。

「なんてことを言うんだ
 いつも飲んでいるんだから
 おいしいに決まっているじゃないか!!」

この意見が出てくると思います。

この意見が本当に正しいのか
次回で詳しく見ていこうと思います。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

黒原 靖之

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

簡単禁酒の【無料ビデオ】     ↓↓下記に登録↓↓
 E-Mail ※
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。