FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬱とアルコール

こんにちは。

黒原です。

今回のテーマは
酒が引き起こす深刻な問題だと
思いますので

ぜひ、心にとめてもらいたいと思います。

また、もしこの問題が
あなたにあるのであれば
真剣に読んでいただきたいと思います。

今日のテーマは【鬱(うつ)病】です。

鬱病を具体的に説明しますと

『抑うつ気分』
何をしてもイヤな気分、空虚感、悲しさが
つきまとう状態

『興味・喜びの喪失』
何をしても楽しみを見出せず
感情そのものが麻痺してしまった状態

が出て、こころがふさがってしまう
状態のことです。

また、鬱病は
脳内の『神経伝達物質』
というものが不足しているために
引き起こされる病気です。

この神経伝達物質が不足することで

上記の『抑うつ気分』、『興味・喜びの喪失』
の他にも

・疲れやすくなる

・気力がなくなる

・睡眠障害が引き起こされる

という症状が出てくるそうです。


そして、この状態が長く続くと

・眠れないので焦ります。

・イヤな気分が抜けないので苦しみます。

・何をしても楽しくないので
 楽しみを見つけようとします。

この問題を短期的に
そして今すぐ解決してくれる特効薬として、

まず一番に考えてしまうのは
『酒』なのです

私も一度、
不眠で悩まされた経験があるので
この気持ちがすごく分かるのですが

焦りや苦しみから飲む酒は
かなり危険です。

自分の問題が解決するまで
お酒を飲み続けます。

今、自分がどのくらいのお酒を飲んだか
全く気にしません。

『今すぐ気分を良くしてくれ。』

『今すぐ楽にしてくれ。』

この感情が強くなり
どんどんお酒を飲み続けます。

本当は良くならないのに
何かにすがる思いで
飲み続けてしまうのです。

そして、

アルコールが抜けた翌朝には

最悪の離脱症状
『強烈な抑うつ状態』

というモノが待ち構えているのです。

つまり

『鬱病』 + 『強烈な抑うつ状態』

   ⇒ 再飲酒

      ⇒ アルコール依存症

という関係が成り立ってしまうのです。

最悪ですね。

だから、鬱病はひどくなる一方で
酒を飲み続けてしまうため
アルコール依存症まで合併してしまう

かなり踏んだり蹴ったりな状態に
なってしまうというわけです。

だから、お医者さんから

『あなた鬱病ですね』

と診断されたら

そして、ちょっとでも
『鬱病かな?』
と疑問になっている人は

これから紹介するステップを
踏んでください。

ステップは3つです。

1) 以下のURLを開く
  http://www.mag2.com/m/0001068040.html

2) メールマガジン
  『うつ(鬱)と向きあい、あなた自身の力で着実に
   克服する方法-現代社会のストレスに打ち勝つために-』
  に登録をする。

3) メールマガジンの内容を
  冷静な気持ちで読んでみる。

アルコール依存症のみの方は、
このメールマガジンを読んでいただければ
お酒の量をどんどん減らしていけると思います。

アルコール依存症の方はご安心ください。

でも、鬱病から飲酒量が
多くなってしまっている方は

元を断たないと、

いつまでたっても
酒びたりの生活になってしまいます。

だから、今すぐメールマガジンの登録をして
真剣な気持ちで内容を読んでください。

-----------------------------------

『うつ(鬱)と向きあい、あなた自身の力で着実に
 克服する方法-現代社会のストレスに打ち勝つために-』

  実体験に基づく、うつ(鬱)と向き合い
  着実に克服、改善する方法。
  精神科や心療内科に通院し続けても
  なかなか回復しないのは医者のせい?

  うつ病(鬱病)躁うつ病(躁鬱病)、
  自律神経失調症、恋愛依存、アルコール依存、
  DV、境界性人格障害、あらゆる精神疾患…

  現代社会のストレス、不安、悩みから
  一日も早く脱却し回復、社会復帰するための
  アドバイスをしていきます。
   http://www.mag2.com/m/0001068040.html
-----------------------------------

本日もお付き合いいただき
ありがとうございました。

黒原 靖之

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

簡単禁酒の【無料ビデオ】     ↓↓下記に登録↓↓
 E-Mail ※
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。