FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22_医者にだまされる

おはようございます。

黒原です。

本日もアンケートの回答を
していきたいと思います。

こちらのアンケートですね。
http://www.withdeal.info/alc/anq_req.html

今日は、ちょっと多かったこちらの質問です。

---------------------------------------------

『適度に休肝日をとれば
 お酒を継続して飲めますか?』

---------------------------------------------

お酒が大好きな方なら

『休肝日をしっかりと取れば、
 また好きなお酒が飲めるはずだ。』

と思うはずです。

私もその気持ちはよく分かります。

実際に私も以前までは

血圧の結果が高かったりすると

お医者さんに

『休肝日をしっかり作ってください。
 週に1、2回程度は飲まない日を
 作ってくださいね。』

と大体の場合で言われていました。

そして、ちょっと我慢すれば、
血圧も徐々に下がっていって
また好きな酒を飲めるようになる。

そう思って

休肝日を1日2日ほど取って
また飲んで

ということを繰り返したことがあります。

だた、血圧そのものは
休肝日なんてものを作っても

下がる気配すらなかったのは
事実なのですが…(^^;)

では、そもそも休肝日とは
何をするためのモノかを
見ていきたいと思います。

休肝日の目的は

『肝臓を休めること』

ですね。

休肝日はたぶん多くの人が
1~2日くらいが大体の目安として
考えていると思います。

ただ、この休肝日ですが
すごく注意が必要になります。

『1~2合程度の飲酒量だったら
 1~2日くらい休肝日を設けると良い』

つまり、

『少量飲酒』が最低条件です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかも、少量飲酒の方であっても
肝臓のことを考えて

・たんぱく質をしっかりと摂取すること。
・ビタミンを摂取すること
・亜鉛などのミネラルを摂取すること

が理想的です。

特に『亜鉛』は
肝臓細胞を作っていくうえで
非常に重要な働きをするそうです。

亜鉛は、チーズや大豆製品
肉類、魚類などで摂れるようです。

結局は
たんぱく質を意識して考えていれば
亜鉛も自然に摂れるようですね。

詳しくは、

こちらのサイトでどんな料理を食べればよいか
具体的なメニューが紹介されているので、
ぜひご参考ください。

『肝機能が気になるレシピ』
http://health.goo.ne.jp/recipe/foodcare/4.html

では、

それ以上にお酒を呑まれる人は
どのくらいの休肝日を設けたら
良いのかというと…

『一週間に一回程度の飲酒で我慢する』

残念ながら、これが理想です。

それに、私の経験上
「このこと」が言えてしまうので、
シェアしたいと思います。

『1日の休肝日はものすごいストレスになる』

1日だけと言って

その日飲まないで我慢をしてしまうと
非常にストレスが溜まってしまうと思います。

『今日は絶対に飲まない。

 明日になれば飲めるから今日は我慢だ。

 早く明日が来てほしい…』

なんて考えていては
休肝日の意味そのものが
無意味になってしまいます。

だから、中途半端な休肝日は
逆にストレスになるということを
覚えておいても差し支えないと思います。

それに、
中途半端にがんばろうとせず
実際、禁酒をしてしまった方が

はっきり言って『楽』です。

だから、

『禁酒がまだちょっと考えられない…』

という方であれば
とりあえず始められるは

『肝臓を意識した食生活を送る』

というところを意識するだけでも
違って行くと思います。

ぜひ、先ほど紹介したHPを基に
食生活を見直してみてください。

正直、美味しそうなので

ご自身でがんばって作ってみたり

奥さんに頼み込んだりすれば、
(こちらは根気が必要かもしれませんが…)

すぐに食べることができると思います。

『肝機能が気になるレシピ』
http://health.goo.ne.jp/recipe/foodcare/4.html

本日もお付き合いいただきまして
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

簡単禁酒の【無料ビデオ】     ↓↓下記に登録↓↓
 E-Mail ※
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。