FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25_新入社員歓迎の極意2

こんばんは。

黒原です。

前回に引き続き、
『新入生歓迎の極意』
をお伝えしようと思います。

『あなたが泥酔して
 新入社員にがっかりされる』

ことを防ぐテクニックです。

テクニックは6つのステップでしたね。

ステップ1
飲み会の前に、おにぎりやサラダなど
軽めの食事をしていく。

ステップ2
飲み会で乾杯が行われたら
その直後、グラスを置いて
酒を飲まないようにする。

ステップ3
温かい汁物を食べる

ステップ4
サラダやキムチ、刺身などの
生のものを食べる

ステップ5
肉や魚などのたんぱく質を
摂取する。

ステップ6
お腹がいっぱいになったと感じたら
後はご自由に…

では、具体的になぜ
この内容に従っていけば

泥酔はもちろん翌朝まで
悪酔いをせずに済むのか
お伝えします。

まず

ステップ1
『飲み会の前に、おにぎりやサラダなど
 軽めの食事をしていく。』

これは、飲む前に
ある程度お腹を膨れさせることで

飲んだ後の暴飲暴食を防ぐ
効果があります。

お腹がある程度満たされていれば
飲酒欲も減り、またこってりしたおつまみを
進んで食べたいという気も起きなくなります。

これはダイエットのテクニックでもあるので
ダイエットをしている方は是非使ってください。

次に

ステップ2
『飲み会で乾杯が行われたら
 その直後、グラスを置いて
 酒を飲まないようにする。』

多くの人が乾杯してグラスを空け
その後もう2,3杯飲んでしまうと
思います。

でも、お腹が膨れていないのに
お酒をどんどん飲んでしまったら
大変です。

お腹が膨れていないので
必要な栄養素が全く準備できていなく

かつ、お酒が入ることで
肝臓の機能がアルコールの分解を
優先させてしまうので、

身体に十分な栄養を分解・吸収することが
できなくなってしまい、

その結果、どれだけ食べても
お腹がいっぱいに感じることが
なくなってしまいます。

また、栄養がない状態でお酒を飲むので
悪酔いの根源を作ってしまう可能性もあります。

だから、乾杯でちょっと飲んだら
すぐにグラスを置いて

『次の酒、次の酒』と言って
お酒をどんどん身体の中に入れないでください。

次に

ステップ3
『温かい汁物を食べる』

これは、体内の血糖値を
緩やかに上げる作用があるそうです。

このいわゆる『食べる前の準備』をすることで
しっかりと必要な栄養素を
身体に吸収させることができるそうです。

ステップ4からは
ちょっと長くなったので
また次回にしますね。

次の『生のものを食べる』というテクニックは
ぜひとも日常生活にしっかり取り入れていって
欲しいモノですので、

結構多めに、そして深いところまで
お伝えしようと思います。

本日もお付き合いいただきまして
ありがとうございました。

黒原 靖之

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

簡単禁酒の【無料ビデオ】     ↓↓下記に登録↓↓
 E-Mail ※
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。